脳ドック

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 脳ドック

脳ドック(※予約制)について

日本脳ドック学会が2008年に発行したガイドラインに準拠し、皆様の健康維持のお手伝いをしたいと考えています。
他院でお受けになられた健診や人間ドックの結果をお持ちいただけると、さらに良いと思います。

Aコース(MRIコース)とCコース(認知症コース)は毎日受け付けます。
MRIの検査中にヘッドホンから音楽を流します。お気に入りのCDがあれば、お持ちください。

当院は身体にやさしい、MRI装置を導入しています。

脳ドックコース

  • Aコース:MRIコース

    検査時間
    約1時間
    料金
    22,000円(税込み)
  • Bコース:フルコース

    検査時間
    約3時間
    料金
    44,000円(税込み)
  • Cコース:認知症コース

    検査時間
    約1時間
    料金
    22,000円(税込み)

こんな方におすすめです

Aコース
脳卒中・生活習慣病予防に
MRIを使って脳と血管の検査を行います。問診から結果説明まで約1時間で終わりますので、忙しい方に最適です。
Bコース
脳の病気は全身の状態と大きく関連しています。脳ドックと人間ドックを合わせて行うことで、より詳しい診断が可能となります。
Cコース
50歳以上で、もの忘れ・認知症が気になる方に
50歳以上の方で、もの忘れなど認知症が気になる方のコースです。
MRIを使って脳と血管の検査を行います。問診から結果説明まで約1時間で終わります。
早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD)により画像解析を行い後日CD-Rとともにお送りします。
※姿勢の維持など条件によって画像解析が行えない場合があります。ご了承ください。

検査内容

項目 コース
問診・診察(※1) A B C
頭部MRI(※2) A B C
頭部MRA(脳血管) A B C
頸動脈エコー B
血液検査 B
尿検査 B
胸部レントゲン B
頚椎レントゲン B
心電図(12誘導) B
結果説明(診察室:15分程度) A B C
結果報告(※3) A B C
※1…
Cコースの方は、長谷川式知能評価スケールを行います。
※2…
Aコース・Bコース:T1、T2、Flair、T2*
※3…
Aコース・Bコース:MRI画像CD-ROMを報告書に添付します。
Bコース:血液検査の結果は後日郵送にて説明となります。
Cコース:画像解析結果添付し郵送します。

検査項目について

項目 内容
頭部MRI MRIとは、磁石の力を使って体の内部を詳しく見る検査で、放射線を使わないので体に害はありません。脳の水平・垂直の断層撮影を行い、脳疾患(脳腫瘍、脳梗塞など)を診断します。脳の萎縮を見ることによって認知症の診断にも役立ちます。
T2*(ティーツースター)は古い小さな出血などを発見できる撮り方です。これによって他のMRIの画質も向上します。
頭部MRA 脳の血管を撮影し、動脈硬化やクモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤、脳動静脈奇形などを診断します。
頸動脈エコー 血管内・中膜の厚さやプラーク(肥厚性病変)の性質を診断し、脳卒中の予防に役立てます。
血液検査 脂質代謝異常症(高脂血症):T-cho、HDL-cho、LDL-cho、TG
糖尿病:血糖値、HbA1c
肝・胆道系:TP、Alb、T-Bil、ChE、GOT、GPT、γ-GTP、ALP、LDH、LAP
腎臓系:BUN、クレアチニン、尿酸
膵臓系:AMY
電解質:Na、K、Cl、Ca、Fe
血液一般:白血球、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板、末梢血液像
尿検査 尿糖、尿蛋白、尿pH、尿潜血

検査を受ける際の注意事項

  • 身に着けている金属類(ヘアピン・眼鏡・補聴器・ネックレス・ピアス・指輪・エレキバン・カイロなど)は、外してください。
  • 脳動脈クリップを入れている方、金属製の人工弁を入れている方、歯列矯正ブリッジ、義歯インプラントなどを装着している方は、MRI検査が受けられないことがあります。
  • アイシャドウやマスカラなどは避けてください。
  • 金属のついた下着は、検査時に外していただきます。

※詳しい内容については、受付時にご説明いたします。

ページの先頭に戻る